少額訴訟の手続きとは?


紙

少額訴訟手続きとは、60万円以下の金銭支払いを求める訴えについて、原則1回の期日で審理、判決がなされるという簡易な訴訟手続きです。少額訴訟の判決では、通常の民事裁判のように、原告の言い分を認めるかどうかを判断するだけではありません。被告の資力その他の事情を考慮してとくに必要があると認めるときは、判決の言い渡しの日から3年を超えない範囲内で、分割払い、支払猶予を定めることができ、またこれとあわせて訴え提起後の遅延損害金の支払免除などを命ずることもできます。住宅賃貸借では、滞納家賃の謂求や、敷金返還請求に利用されることが多いようです。

<手続きの概要>

①原告が被告に対し60万円以下の金銭支払いを求める訴えにおいて、原告が少額訴訟を利用する旨を申し出て、被告からの異議がない場合、少額訴訟手続きにより審理が進められます。少額訴訟手続きの利用回数には、1人が同じ裁判所に年間10回までという制限が設けられています。
②被告がこの手続きを利用することに異議を申し立てた場合には通常訴訟に移行します。
③特別の事情がある場合を除いて、最初にすべき口頭弁論期日においてその審理を完了しなければなりません。当事者は最初の期日にすべての主張と証拠を提出する必要があります。

家模型

④最初の期日に被告を呼び出せないような場合などは、少額訴訟ではなく通常の訴訟手続きが進められます。
⑤少額訴訟手続きの判決に対しては、同じ簡易裁判所に異議の申立てをすることができるだけで、地方裁判所に控訴することはできません。


埼玉県って素敵な場所だなって私は感じているんです。その理由として,東京都内に隣接していて都心へのアクセスもしたすく,かと言って騒々しいということもなく,利便性を兼ね備えながら落ち着ける環境で整っているので,新生活をスタートするにもぴったりのエリアだなって思っています。
現に,住まいは埼玉県で,勤め先は都心を選ぶ人も沢山いるようです。都心に向かう路線も増加しており,暮らしやすさはますます高くなっています。人口も右肩上がりという事もあり賃貸物件は埼玉県内に豊富に立地しています。
新築や築浅の物件なども沢山あるので,ニーズに沿った物件で暮らすことができます。なかなかいい物件に出会えていないという人は,一度埼玉県の賃貸物件について確認してみませんか?

兵庫県川西市は,あまり注目を浴びていないエリアですが私はとてもいい地域だなと感じています。なぜなら,平均気温が大阪よりも1~2℃低くく,雪が降っても積もらない地域なので過ごしていて困ることがありません。
交通の便を心配される人も多く,最寄り駅にはJRと阪急があるため,京都,大阪,神戸への移動もしやすいです。通勤や通学においても不便に感じることがないので,ファミリー層の賃貸物件探しへもオススメです。 交通の便だけでもなく,自然の緑も多く公民館や公園なども充実しているから子育てもしやすいという点も,ファミリー層にここ川西市の賃貸物件はオススメします。
休日は家族でゆっくり自然を満喫することができます。そのバランスが私は好きなので,いい地域といえますので、ぜひここ川西市で賃貸物件を確認しませんか?

東京で生活するなら,豊かな自然と住みやすい住環境が整備された調布市でと考えていたこともあり,分譲マンションマートルコート調布サザンを見つけた時にすぐにこのマートルコート調布サザンの物件と契約することにしました。
家族で暮らすからには,利便性も備わっていないといやですよね。調布駅から徒歩5分という好立地な環境で,通勤や通学にも便利となっているので,主人も子ども達も快適な生活を送ることができています。コンビニにスーパーやドラッグストアーなども近くに揃っており、買い物にも不自由な思いをしません。東京での生活を始めるご予定なら,マートルコート調布サザンはいかがでしょうか。
この快適な住環境をぜひあなたも味わってみてください。調布市生活,体感すると満足すること間違いナシです。